複層ボーダー植栽・サイクル花壇

 


 複層ボーダー花壇は、植物本来の自然生態を重視した花壇植栽方法です。
 開花時期が異なる3種以上の宿根草、球根で構成されることにより、年間を通じて常に植物に覆われることになり、また、低・中・高の3層の植物層を形成する事で、安定した独自の植物景観を形成します。
 植え込み後3〜5年間は植え替える必要が ありませんし、又、1年中草花に土表面が覆われているため、雑草の繁殖が抑制され、除草の管理手間が従来の花壇に比べ非常に少なくてすむという特徴を備えています。

○横浜市戸塚矢部蔵坪公園 (2012年3月施工)
 1年2ヶ月後                 

’13.5月矢部蔵坪公園DSC_0048-kadan-01.jpg

1年5ヶ月後

小田原市内城源寺参道アプローチ花壇 (2012年10月〜施工)
  6ヶ月後

 約10ヶ月後

  

河口湖駅前ロータリー (2006年7月施工)
 2008年5月                 

  

 2008年7月

 

kawakuchikohann2012P8230006.jpg

○小田原市内個人の庭 (2011年11月〜施工)
 20128月                 

  

 2013年3月

表紙へ戻る